リバースエンジニアリング

金型は社会の様々なシーンで用いられます。企業においては、20年前の商品金型が現在では使用されていないものの、未だ保管されているケースがほとんどです。しかし、たとえば、商品のリデザインが行われた場合、この金型が日の目をみることになります。

こうした時に、金型の保守点検、アップデートなどを行う必要が生じます。これをリバースエンジニアリングと言います。新武でも、この依頼が近年増えてきました。他者との違いは、プレス加工まで一貫してお受けすることができる点にもあります。燕市という金属加工の集積地において、企業間ネットワークを使用して初めて可能になります。ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。