Posted by dev-user

新規設備導入

新武ではこの度、以下の最新機を各1台新規導入いたしました。

マシニングセンター OKUMA  MB-56VA

平面研削盤 Okamoto  PSG65SA1

さらなる加工精度及び品質向上・納期短縮が可能となり、より高レベルのサービスをお客様にお届けいたします。

マシニングセンター OKUMA MB-56VA
マシニングセンター OKUMA MB-56VA
平面研削盤 Okamoto  PSG65SA1
平面研削盤 Okamoto PSG65SA1
Posted by dev-user

新たな営業活動をスタート。

新武では、「挑むこと」に記した内容を実現すべく、新しい営業活動をスタートしています。今この瞬間新武にできないことでも、明日できることにするために案件をこなすことが重要です。

この時、新武ではこれらを投資案件と位置づけ、自分たちの収益確保を優先するのではなく、まずは技術習得を目指し、利益がなくとも積極的に行動していきます。こうして、生きた力を身につけ「挑むこと」を「できること」に変えていきます。

Posted by dev-user

Webサイトをリニューアル

この度、webサイトをリニューアルいたしました。大きな特徴は「できること」「挑むこと」を盛り込んだことです。できることでは、これまでの新武に蓄積されてきた知識やノウハウ、そして技術を集約しています。挑むことには、これからの新武が目指す知識やノウハウ、そして技術をまとめています。

新しいものばかりではありません。磨き上げたいと思う願いをまとめています。これから、さらに飛躍する新武にぜひご期待ください。

Posted by dev-user

リバースエンジニアリング

金型は社会の様々なシーンで用いられます。企業においては、20年前の商品金型が現在では使用されていないものの、未だ保管されているケースがほとんどです。しかし、たとえば、商品のリデザインが行われた場合、この金型が日の目をみることになります。

こうした時に、金型の保守点検、アップデートなどを行う必要が生じます。これをリバースエンジニアリングと言います。新武でも、この依頼が近年増えてきました。他者との違いは、プレス加工まで一貫してお受けすることができる点にもあります。燕市という金属加工の集積地において、企業間ネットワークを使用して初めて可能になります。ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。